SEO/コンテンツマーケティング

SEO対策記事の書き方を徹底解説!

今回は、SEO対策をした記事の書き方について解説していきます。記事を多くの人に見てもらうには、Googleの理念を理解し、検索エンジンに高く評価されるためのアルゴリズムに則って記事を作成しなければなりません。
では、せっかく書いた記事を多くの人に見てもらうにはどうしたらよいかを見ていきましょう。

SEO対策とは

SEOは、「検索エンジン最適化」の頭文字を取ったもので、英語では「Search Engine Optimization」といいます。
これは「SEO対策」とも呼ばれ、主にGoogleや他の検索エンジンのオーガニック検索結果(自然検索結果)に関して、特定のWebサイトを上位表示させるため、またインデックスさせるためにそのWebサイトを最適化することを検討します。
また、SEO対策自体は、こちらのページにて詳しく書かれていますので是非ご活用ください。

記事作成においてSEO対策が重要になる理由とは

ここでは、記事作成においてSEO対策が重要になる理由をみていきましょう。

サイト全体でのユーザー検索体験が重要

SEO記事作成においては、サイト全体でのユーザー検索体験が重要となってきます。なぜかというと、ユーザー検索体験が優れていると、サイト内にとどまっている時間が長くなり、エンゲージメントも高まります。
これらの結果が検索ランキングの上位表示へ大きく反映されるため、サイト全体でのユーザー検索体験は重要となってきます。

SEO記事の書き方

それではSEO記事の対策方法を学んだら、次はSEO記事の書き方についてみていきましょう。

記事のゴールを設定する

SEO記事を書く場合には、いきなり文章を書き始めるのではなく、ゴールを設定してから文章を書いていきましょう。
ゴールとは、記事を読んでくれた人に対し、どういった行動を取ってもらいたいかということをさします。

構成を作る

構成は、SEO記事にとって最も重要な項目となります。構成は設計図のようなもので、ユーザーに記事で伝えたいことや全体の流れを把握してもらうためには最適な手法といえます。
SEO対策に強い記事作成のポイントを見ながら構成案を立ててみてください。

執筆

執筆は、以下のことを注意しながら行うと、SEO記事をうまく執筆することができます。

  • キーワードに関連するテーマを多く含む
  • 代名詞を多用しないようにする
  • 表記揺れの少ない丁寧な文章にする
  • 共起語を意識する
  • 検索ユーザーの疑問に応えられる文章にする。
  • 冗長にならないようにする

これらを意識するだけでユーザーはSEO記事を読みやすくなるはずです。
ぜひ実践してみましょう。

入稿する

記事を書き終えたらいよいよ入稿です。
入稿は、WordPressなどのCWS(コンテンツ・マネジメント・システム)を使いましょう。
入稿の注意点は次の項目にあります。

SEO対策に強い記事作成のポイント

先ほどはSEO記事の書き方について説明しましたが、続いてはSEO対策に強い記事作成のポイントについて説明していきます。

「SEOに強い記事」とは

「SEOに強い記事」とは、検索結果画面で上位表示されやすい記事のことです。
それをふまえ、「SEOに強い記事」を作成するためにはどのようにすればよいのかをみていきましょう。

ユーザーの検索意図に沿った内容にする

SEO対策に強い記事を書くにはまず、ユーザーの検索意図を把握するところから始めていきましょう。なぜユーザーの検索意図に寄り添うことが重要になってくるかというと、Googleの運営方針が紹介されているページ『検索に対する Google の方針』には「関連性と信頼性が最も高い情報を提供する」と記載されているからです。
また、『Googleが掲げる10の事実』というページでも、「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と記載されています。

そのため、製作側の感覚や思い込みでコンテンツを制作をすると、実際の検索ユーザーの意図とはしないコンテンツになってしまいます。そうなれば、Googleでコンテンツを上位表示することが難しくなってくると言えます。
ユーザーの検索意図に寄り添ったコンテンツを制作する際には必ず、Google検索表示結果や顧客の声など客観的データや第三者の声を参考にしていきましょう。


また、ターゲット選定や、ユーザーの検索意図の把握は、こちらの記事に詳しく書かれていますので是非参考にしてみてください。

E-E-A-Tとオリジナル要素を組み込む

E-E-A-Tとは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字から成り立っている用語で、ユーザーの検索意図に対し、適切な検索結果を返せているかの評価基準のことをさします。
Googleは、これらの4つの評価基準のレベルが高いサイトやページであるかを評価します。
これについては「検索品質評価ガイドライン」にてGoogle公式が言及しており、コンテンツの内容はもちろんのこと、「誰が」コンテンツを発信しているかもより重要な項目となってきたことが伺えます。例えばある記事をその専門家や有資格者が書いたとすれば、Googleはこの記事を信頼性のあるものとして評価するという傾向にあることとなります。
以上の理由からこれらの要素を取り組むことは重要事項といえます。

ペルソナを設定する

ペルソナとは、商品やサービスが想定する架空の顧客像のことです。
ペルソナを設定しなければならない理由は、最近の傾向として、「不特定多数」をターゲットとしたマーケティング手法から消費者ひとりひとりの購買傾向からニーズを読み取り、個々に対して最適なコミュニケーションを行うマーケティングを行わなければならなくなってきたことがあげられます。
より詳細なターゲットを設定し、その人々が検索した際に、記事が届きやすいようにしていかなければなりません。
そのためには、情報収集、ターゲットのプロフィールやストーリーを仮設定、運用開始後に顧客とのコミュニケーションを図りながら再設定していく。
といった流れでペルソナを常に落とし込んでいく必要があります。

対策キーワードを正しく設定する

SEO記事においての対策キーワードは最も重要なものといえます。
この対策キーワードが正しく設定されていないと、どれほど良質な記事を書いたとしても、検索エンジンからの集客は見込めません。
例えば「土地込み 4000万 注文住宅」と検索するユーザーは「価格が土地込みの4000万円で建てることのできる注文住宅購入を検討しているユーザー」だと予想することできます。
より詳しいキーワード選定方法はこちらを参考にしてみてください。

対策タグを正しく設定する

Googleの検索エンジンは、HTMLで記述されたコードを解読し、検索順位を決定します。
そのため、HTMLコードを最適化することは必須の要項といえます。
HTMLとは、「ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(Hyper Text Markup Language)」という意味です。
これは文章の構成や文章の役割を示すという意味で、見出しや段落、表、リンクなどの文章がどのように構成されているかをわかりやすくしている役割を持っています。
ですから、HTMLによって、検索エンジンがWEBページの構造を把握しやすくなります。

SEO記事の注意

SEO記事の書き方をつかんだら入稿前の最終チェックを行いましょう。

モラル的にやってはならないこと

モラル的にやってはならないことは、大きく三点があげられます。

  • 被リンクの大量購入
  • 他社記事を丸パクリする
  • 低品質なコンテンツを量産する

といった点です。
これらは、検索順位を著しく下げる要因にもなります。
モラルに反する記事を書かないようにするためにはどうすればよいのかの注意点は、以下の記事「NG!やってはいけないSEO対策」にまとめてありますので是非参考にしてみてください。

重複記事を書かない

同一サイト、外部サイト問わず、重複記事を書いてしまうと、Googleからペナルティを受ける可能性があるので特に注意しましょう。
ペナルティは、サイト全体の評価が落ちてしまいますので気を付けましょう。

キーワード

キーワードの選定を誤ると、SEO対策を大幅に失敗することにつながります。
例えば、単一用語のキーワードは、ビッグキーワードといわれますが、これで集客をとることはとても難しいといわれています。
ロングキーワードといわれる二語三語で構成されたキーワードを設定するとリスクが軽減される傾向にあります。

対策ワード超過

SEO対策におけるキーワードの過剰な使用は、SEOの評価に悪影響を及ぼす可能性があります。
検索エンジンのアルゴリズムは、コンテンツの品質を測定するためにキーワードの使用頻度や文脈を分析しています。
そのため、検索エンジンにスパムと判定されてしまい、ペナルティを受ける可能性があります。

投稿後に行うメンテナンス

SEO記事を完成、投稿したのち、必ずメンテナンスを行っていきましょう。
理由は以下の通りですが、時代を見ながら今ある情報が最新かどうかあっているかどうかを見ていくのも大事なことになります。

定期的に再編集をおこなう

投稿して記事は終わりではありません。
定期的にSEOの情報は変わっていきます。
また、記事そのものの内容も新しくなっていきます。ユーザーは古い情報を欲していません。
ですから、世の中の情報を掴みつつ定期的に編集を行っていきましょう。

まとめ

以上がSEO対策記事の書き方でした。複雑ですが、とにかくユーザーのことを考えた記事作成が大事になってきます。
ユーザーの求めていることを常に考え、テーマに関連したキーワードを正しく抽出し、戦略的に検索順位を上げていきましょう。

SEO対策に強い記事作成はゼロシードにお任せ

ZEROxeedでは、キーワード選定から、構成案作成、コンテンツ作成まで、オウンドメディアのSEOコンテンツを一貫してサポートするサービスを提供しています。

経験豊富なスタッフが対応しますので安心してご依頼いただけます。

SEOコンテンツの知識がまったくわからない方は丸投げでご相談いただくもよし、人手不足や部分的にプロに任せたいというご相談もよし。
SEO記事で少しでもお困りの方はゼロシード株式会社へご連絡ください!